T's Store

Just another WordPress site

IIJmio(みおふぉん)

お申込みはコチラ!

UQモバイルとIIJmio(みおふぉん)徹底比較!

ユーキューモバイルとみおふぉんの比較表を作ってみました
UQモバイル IIJmio
料金 ★★★☆☆ ★★★★☆
充実度 ★★★★☆ ★★★★☆
速度 ★★★★★ ★★☆☆☆
サポート ★★★★☆ ★★★★☆
解約 ★★☆☆☆ ★★★★☆

比較において、「料金プラン」「充実度」「速度」「サポート」「解約」の5点について比較しました。

各項目については、次のような内容となっています。

  • 料金プラン…安さやプランの豊富さ
  • 充実度…キャンペーンやサービスなど格安SIMとしての充実度合い
  • 速度…通信速度の比較
  • サポート…カスタマーサポートの総合比較
  • 解約…解約がしやすいか、最低利用期間や解約金について比較

 

各項目について解説していきます。

 

料金プランを比較!

お金

UQモバイルとIIJmioの料金を比較すると次のようになります。

 

UQモバイルの料金プラン

プランS

契約期間 ~13ヶ月 14~25ヶ月 26ヶ月以降
月額料金 1,980円 2,980円 2,980円
データ容量 2GB 2GB 1GB
通話無料 おしゃべりプラン 毎日5分以内無料
ぴったりプラン 60分/月 60分/月 30分/月

プランM

契約期間 ~13ヶ月 14~25ヶ月 26ヶ月以降
月額料金 2,980円 3,980円 3,980円
データ容量 6GB 6GB 3GB
通話無料 おしゃべりプラン 毎日5分以内無料
ぴったりプラン 120分/月 120分/月 60分/月

プランL

契約期間 ~13ヶ月 14~25ヶ月 26ヶ月以降
月額料金 4,980円 5,980円 5,980円
データ容量 14GB 14GB 7GB
通話無料 おしゃべりプラン 毎日5分以内無料
ぴったりプラン 180分/月 180分/月 90分/月

UQモバイルの料金プランは基本的にスマホ+SIMカードのセットで売り出されています。

UQモバイルのSIMカードのみのプランも載せておきますが、3GBのみしかなく、SIMのみでの販売はあまり精力的ではないように思えます。

プラン データ高速
3GB
データ無制限
低速
データ専用SIM 980円 1,980円
データ+音声SIM 1,680円 2,680円

 

IIJmioの料金プラン

プラン 3GB 6GB 10GB
データ通信のみ
(ドコモのみ)
900円 1,520円 2,560円
データ通信+SMS機能
(ドコモプラン)
1,040円 1,660円 2,700円
データ通信+SMS機能
(auプラン)
900円 1,520円 2,560円
データ通信+音声通話
(ドコモ/au両方)
1,600円 2,220円 3,260円

 

IIJmioはauとドコモが使える

UQモバイルはau回線を使っている格安SIMなので、ドコモ回線の方が乗り換えるためにはSIMフリー化の手続きをしないといけませんが、IIJmioはドコモ回線も用意されているのでSIMフリー化の手続きなしで乗り換えできます。

docomoとauの両回線を用意しているのはIIJmioと mineo(マイネオ) だけなので、それだけでもかなり利便性は高い格安SIMです。

IIJmioのホームページをチェック!

UQモバイルの料金やデータ容量は契約年数で変わるので注意!

UQモバイルは、料金もデータ容量も上の数字がずっと続くわけではありません。

月額料金は契約して14ヶ月目以降

  1. プランS:1,980円→2,980円
  2. プランM:2,980円→3,980円
  3. プランL:4,980円→5,980円

に変わり、データ容量は26ヶ月目以降

  1. プランS:2GB→1GB
  2. プランM:6GB→3GB
  3. プランL:14GB→7GB

に減ります。

2年目以降は料金もパケットも格安SIMとしてはかなり割高になってしまうので、長く使うことを考えるとやや選びづらいですね。

 

UQモバイルはSIMカードのみの方が選びやすい

以上の1年後や2年後には当初のプランから数字が変わるという点から、UQモバイルはSIMカードのみのプランの方が選びやすいです。

3GBしかないのがネックではありますが、逆に毎月そんなに使わないし3GBで十分!という方にはおすすめしやすいです。

IIJmioよりも通信速度は圧倒的に速いので、料金は多少高いですがかなりストレスなく使えます。

ただし、UQモバイルのSIMカードのみは通話料金を安くできるかけ放題プランが使えないので、ある程度電話を使いたい方はIIJmioを選びましょう。

IIJmioのホームページをチェック!

料金自体はIIJmioの方が安いけど・・・

確かに、料金自体の安さやプランの豊富さはIIJmio(みおふぉん)の方が上です。しかし、格安SIMは安ければいいというものではありません。

通信速度は速いか、サポートはよいか、など他の点も重要になります。

特に速度面は多くの方が気にするところ。その点では、IIJmioはお世辞にも速いとはいえません。

その点、UQモバイルは爆速です。不満が出ないレベルで速いので安定して使えます。

3GBしか選べないのがネックではありますが、3GBで足りる方にはこれ以上ない選択肢ですね。

UQモバイルのホームページをチェック!

充実度を比較!

スマホを使う女性

次に、UQモバイル(ユーキューモバイル)とIIJmioは格安SIMとしてどちらが充実しているかを比較していきます。

UQモバイルのメリット

 UQモバイルはここがポイント!

  • 通信速度が格安SIM最速
  • iPhoneを購入できる
  • テザリング対応機種が幅広い
  • 5分かけ放題か通話定額を選べる
  • 最大10回線まで家族割
  • データ繰り越しで翌月に余った通信料を繰り越せる
  • 節約モードでデータ消費をゼロにできる
  • 格安SIMには少ないau回線が使える
  • クレジットカードがなくても申し込める

 

IIJmioのメリット

 IIJmioはここがポイント!

  • 通信速度は安定して速い
  • auとドコモの2回線が使える
  • 信頼性の高さは業界一
  • 家族相手なら10分/30分かけ放題
  • 誰とでも3分/10分かけ放題がある
  • 通信量のシェアができる
  • データ繰り越しができる

 

格安SIMとして充実しているのはIIJmio

料金が安いIIJmioですが、それだけでなく10分かけ放題が使えるなど、格安SIMとしての機能も充実しています。ただ安いだけではありません。

IIJmioはほぼ大手キャリアと同じような使い方ができ、料金も半額以下に抑えることができますから、節約したい方にとってこれ以上ない格安SIMといえます。

IIJmioのホームページをチェック!

通信速度を比較!

格安SIMの速度

次に、UQモバイルとIIJmioの速度面を比較していきます。

UQモバイルもIIJmioも、ドコモやauから回線を借りて運営していることもあり、お昼頃など混雑する時間帯はどうしても遅くなりがちです。

普段がどれだけ速いか、混雑する時間帯にどこまで速度を維持できるかが速度面で重要なポイントですが、UQモバイルの方が断然速いです。

なぜならば、UQモバイルはauの関連会社が運営しているため、速度を速くすることが他の会社より上手なんですよね。それもあってか、速度面では他社に圧倒的に差を見せつけています。

IIJmioは速度が結構遅いので、充実しているのはIIJmioではありますが、総合的に考えるとUQモバイルをおすすめします。

UQモバイルのホームページをチェック!

サポートを比較!

女性のオペレーター

次にサポート面の比較です。

両者とも電話対応に差はありませんし、サイト上からチャットでもお問合わせができます。

また、どちらも実店舗を多く展開しており、わからないことがあったら店舗で問い合わせることも可能です。

解約金や最低利用期間を比較!

最後に、解約金や最低利用期間について比較していきましょう。

UQモバイル IIJmio
最低利用期間 課金開始日から12ヶ月目まで※ 利用開始翌月1日から12ヶ月目まで
解約金 9,500円 1,000円~12,000円

IIJmioを1年以内に解約すると次の表の解約金が発生してしまうので注意しましょう。

利用月 違約金
1ヶ月目 12,000円
2ヶ月目 11,000円
3ヶ月目 10,000円
4ヶ月目 9,000円
5ヶ月目 8,000円
6ヶ月目 7,000円
7ヶ月目 6,000円
8ヶ月目 5,000円
9ヶ月目 4,000円
10ヶ月目 3,000円
11ヶ月目 2,000円
12ヶ月目 1,000円
13ヶ月目以降 0円

UQモバイルは最低利用期間を課金開始日から12ヶ月以内となっていますが、これはSIMカードのみの場合なので注意しましょう。

スマホ+SIMのぴったりプランやおしゃべりプランの場合は、課金開始日が1ヶ月目として25ヶ月目までが契約期間です。

25ヶ月目が契約満了月となり、その翌月に解約の申し出がない場合、更に2年間の契約として自動更新されます。

契約満了月の翌月以外の解約は、違約金の9,500円が発生してしまいます。

ただ、UQモバイルは3GBを1番おすすめしているので、ぴったりプランやおしゃべりプランを選ばない限りは気にする必要はありません。

とはいえ、解約金も利用期間を考えればIIJmioより高くなるので、気軽に解約するハードルはやや高めです。

 

UQモバイルやIIJmioはこんな人におすすめ!

 

UQモバイルはこんな人におすすめ!

UQモバイルのメリット

  • 3GBを安く使いたい
  • 通信速度にこだわりたい
  • 家族で使いたい
  • 2年縛りを気にしない

UQモバイルの基本プランは2年縛りがあったりや料金・パケット容量が変わってくるので格安SIMとしてはやや使いづらい面があります。

そのためUQモバイルに乗り換えることを考えた場合はSIMカードのみとなりますが、それが3GBしかない点はデメリットです。

しかし、3GBで十分な方にとっては通信速度はかなり速いですから、かなり使い勝手はよい格安SIMとなります。

ただ、その場合は家族割ができないのは注意しなければなりません。

とにかく、3GBで十分だし速度は速い方が良い!という方にとってはかなりおすすめですよ!

IIJmio(みおふぉん)はこんな人におすすめ!

IIJmioのメリット

  • ドコモのスマホからスムーズに乗り換えたい
  • 6GBプランを安く使いたい
  • 3分かけ放題や10分かけ放題をお得に使いたい

IIJmioはこれといって目立つ特徴はありませんが、全体的に高水準のサービスを提供しており、満足度No.1を連続で獲得しています。

かけ放題プランも充実しており、家族でスマホ代を節約することもできますし、格安SIMとしてはかなり総合力が高いです。

安定した格安SIMを使いたい方にとっては、IIJmioはおすすめの格安SIMです。

結論…UQモバイルとIIJmioはどちらが良いか?

UQモバイルとIIJmioはどちらが良いか?

以上、UQモバイル(ユーキューモバイル)とIIJmioを比較しました。

毎月3GBのパケットで十分という方なら、UQモバイルの方がオススメです。

しかし、かけ放題や他の容量など使いたい方はIIJmioを選ぶ方が間違いないです。

そのため、

  • 3GBで十分な方や速い回線を使いたい方はUQモバイル
  • 単純に安く使いたい方や3GB以上使いたい方はIIJmio

という選び方をする方が後悔しません。

格安SIMに乗り換えると毎月のスマホ代が大手キャリアの時と比べてかなり安くなります。それこそ年間数万円の節約になりますし、迷っている時間が無駄なので、この機会に乗り換えましょう!